足湯で冷え性の緩和


「足湯」とは本来、足だけを温泉に入れて温めるための浴槽、または行為を差します。お湯の入った足湯器(容器)に足を入れ温めることも大きく分類して足湯といわれるようです。

足湯の方法は、足の膝下までお湯に浸かります。
温かいお湯に足を入れることで足はもちろん、身体全体が暖まるので足冷えにお悩みの方や、冷え性の方に人気ですよね。

全身で入浴する温泉(またはお風呂)と違い、くるぶしの上までしかお湯に浸からないため、のぼせしにくく、また足には太い血管が通っているので血行が良くなり体全体が温まります。その際、発汗作用によって体内の老廃物を排出することもできるんですよ。

「温泉の足湯」や「足湯施設」はテレビ番組でもよく放送されるので注目されている方も多いと思います。
しかし、時間がなくてなかなか行けないという方には「自宅での足湯」も冷え性の緩和としておすすめです。

冷え性の方や、立ち仕事の方は寒い季節に足冷えで悩むことも多いでしょう。
家に帰ってきても足が冷えてつらい、足が冷たくて寝付けない方もいますよね。

そんなお悩みに足湯は効果的です。

お部屋で足湯ができる専用の足湯器などがありますので、お湯(好みによりますが、温度は42~43度ぐらい)を入れ、足を浸して温めましょう。温度はあまり細かくこだわらず使っていると身体も汗ばんでくるぐらいが良いと思います。

血行が良くなり、足だけでなく体全体が温まってきます。
体が温まって血行が良くなると心身ともにリラックスできるので自律神経の不調の緩和に繋がります。

一日、10~15分間ぐらいの時間で足湯を続けると、足冷えや冷え性の緩和になる健康法でもあるんですよ!

足だけしか浸かっていないと思うかもしれませんが、意外にも体全体を温める効果があり、足冷えや足のむくみが取れたり、つらい肩こり解消にも効果があるといわれています。
ただし、1回入れただけでは「ただ足があったまった」だけで終わってしまいます。心身リラックスさせることで冷え性が緩和されるので「足湯を続けること」が大事です。

私も以前、自宅で足湯を毎日行っていました。足湯で足を温めることで体の芯まで温まり、心も体も気持ちよくなり、リラックスできることは体験済みです。
リラックスすることで自律神経の不調を緩和でき、冷え性改善に繋がる効果が期待できると感じました。

もちろん、人により個人差はあります。しかし、足湯に入っているときの足の暖かさと気持ち良さで心の疲れを取ることから足冷え対策を始めてみるのもおすすめだと思います。

私が使っていた足湯器は単純にお湯を入れるだけの容器でしたが、最近は足つぼを刺激できるアタッチメントが付いていたり、当時は重くて大変だったお湯の排出がラクにできるように改良されていたりと、女性やお年寄りの方でも無理なく毎日使える足湯器がたくさんありますよ。

足湯で冷え性、足冷えの緩和。今年の冬、試してみてはいかがですか?

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カートに入れる

ヒートウォーム発熱あったかラグ

床の冷たさを遮断!やさしいコルクマット

税込8000円以上のお買い上げで送料無料
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」